100均のまな板シートでバッグの底板をつくる

これ使っています, 役立つかも?作りました

CA3K0421これは、この間作ったがま口トートバッグの底板です。
手芸材料として「底板」というのが売っています。たしかに軽くて丈夫です。
大きなバッグの底板にするならば、そちらがおすすめですが・・・小さなバッグだと適度に堅ければ充分だと思うんですよ。財布を入れても底が崩れない程度の堅さ。
CA3K0415で、素材は何かというと、100均のまな板シートです。
ダイソーだともっと大きなPPシートというのが売っています。厚みもいろいろあったかと。
大きいのを昔、買ったことがあって、いろんなバッグの底板になりました。
でもどこのダイソーにもあるとは限らないんですよね。
だから今回はどこの100均にもありそうなまな板シートで♪
わたしが買いに行ったお店は5種類くらいありました。色や大きさ、厚みもいろいろ。
他に使えそうなのは下敷きとか、工作用下敷き(粘土とかのアレ)などもありました。
必要な底板の大きさにもよりますね。
CA3K0417カッターで切れます。わたしはカッターで切り取り線を引いてからハサミで切ってます。カッターが苦手だからです。
力入れすぎてずれるので、こういう汚れ仕事専門?のハサミを持っているのです。
上手な方はカッターのほうが綺麗に切れると思います。
CA3K0419四隅の角を少し落として、底板より少し大きめに切った布を両面テープで貼ったら完成です。
鞄の中で動くのが嫌だったら、両面テープを貼って鞄の中に固定したほうがいいと思います。
鞄の形状によっては、作っている途中で内袋と外袋の間に仕込んだり固定したりというやり方もできると思います。

↓ 良かったら押してってください。へこむのでマイナス評価なし♪一回だけ押せます!
  メニュー下に一言メッセージ欄もありますので、ご意見ご感想はそちらからどうぞ♪
  • 読んだよ♪ 
  • 好き好き♪ 
  • 役に立ったかも♪