サンダーバードを使ってみる。

これ使っていますにっきちょ


パソコンが新しくなって10年使ってきたvistaからwindows10へ・・・。
ん~?変わりすぎてて何がなんやら・・・ソフトじゃなくてアプリと呼ぶのん?
ログイン・ログアウトじゃなくてサインイン・サインアウトなん?
最初、コントロールパネルとか各種設定するのに、探すところから始めないと何がどこにあるのかさっぱりわからなかったので、ネットで検索して出し方調べたりしてました。(初心者かっ!)
タスクバーとやらは、便利ですね。あとクイックアクセスも~。
まだCortanaさんとはお友達になっていません。Microsoftアカウントを持ってないので今後もお友達にならんかも・・・。

事前にメールをどうしたもんかと調べてたんですが、ずっとシンプル~なwindows mailっていうのを使ってたんです。
ずいぶん前に廃止されてるんだってさ~。ひでぇ・・・。
今じゃメールアプリというらしい。どうやらIMAPメール向きなようで、うちのPOPメールには相性悪そう。
しかもデータのインポートが出来そうな気がしない。
うまいことデータの移行ができそうなのは、サンダーバードだけでした。

使い慣れたwindows mailと似たような見た目で使いやすいです。設定も簡単。
サポートページをみながら、windows mailのデータをインポートしますよ。
ます、アドオンImportExport Toolsをインストールする。(え・・・アドオンて?)
ImportExportTools > フォルダーからすべてのemlファイルをインポート > サブフォルダーも含む を選択。
「フォルダーからすべてのemlファイルをインポート」がグレイになってて、押せなかったのですっごく時間がかかりました。
同じ症状の人のブログを参考に、送信トレイのところで右クリックしたら、押せたので場所はおかしいけどそこへインポートしました。
後でわかったけど、ローカルフォルダに新しいフォルダを作れば問題なくインポートできますね。
今日(12/22)、日記書くのにサポートページ見たらちゃんと新しいフォルダを作るって項目があるのに、なんで間違ったんだろう・・・書いてあるのにやらないはずはないと思うんだが・・・最近、修正された?と思いたい・・・。

そんなこんなで、無事インポートできました♪ふ~っと、その日はそこで終了したんですが、次の日一部データが消えてました。
移行したのは2000件くらいのメールで、フォルダに500件以上入れていると消えてしまうようです。
500件以下くらいになるように、エクスポートし直して、消えることなくデータが残るようになりました。
いらないメールもどんどん捨てましたけどね。
謎の空メールみたいなのもインポートされてました。なんだろうと思いながらゴミ箱へ。
送信トレイと送信済みトレイがあるのはなぜ、いつのまにかゴミ箱が2つになってる・・・など、若干気になるところはありますが、元気に動いています。
windows mailのデータは新パソコンに持ってこられないかと思っていたので助かりました。
サンダーバードさん、ありがとう~♪

◆追記
インポートしたデータを、フォルダ→サブフォルダという具合に仕分けしていましたが、親フォルダに入れていたデータは消えて、サブフォルダに入れているのは残っているようです。
サブフォルダを作らなかった親フォルダのデータは残っています。う~ん。なんでしょうね、これ。
最初からフォルダに500件以上入れていたから消えたのではなく、親フォルダにサブフォルダを作った場合に、細かく仕訳けてなかったデータが消えていたってことなんかも。
っていうか、中途半端に仕分けせずにちゃんと分けなさいよって怒られてるんですかね。

◆追記(18.7.7)
インポートしたデータは問題なく残ってます。まぁ、見返すことも滅多にありませんけど、たまに必要になるんですよね。

最近、気になるのは、メールを読み終わったら「削除」ボタン押して次から次へチェックするいつもの作業中に、強制終了することですね。
サンダーバードを再起動したら問題ないんですけど、なんか気持ち悪い。月2~3回あるような気がする。
どうやら受信トレイからメールを開いているときに、受信トレイと違うトレイ(送信済みトレイやゴミ箱など)を開いた状態で、削除すると強制終了になります。

↓ 良かったら押してってください。へこむのでマイナス評価なし♪一回だけ押せます!
  メニュー下に一言メッセージ欄もありますので、ご意見ご感想はそちらからどうぞ♪
  • 読んだよ♪ 
  • 好き好き♪ 
  • 役に立ったかも♪