恐い本読んだよ。

どうでもいいはなしにっきちょ

CA3K0380恐い本を読みました。読んだのはこの文庫本が出た去年の夏でしたけどね。
小野不由美(著)『残穢』・・・もうタイトルの字が恐い。
この作家さんの本は十二国記シリーズが好きでファンタジーなんですけどね。
この本に「実状を知らない者には、批判する資格はない」ってのが妙に印象的で、この言葉のおかげでいらんこと言わんで済んでます。(ファンの人からはなんでそこや!と言われそうですけど、もちろん他に好きな場面はありますよ)
で、これしか原作は読んだことなくて、他の作品はアニメで見たりはしてましたけど、ホラー小説を買って読むのは初めてです。
1月30日から映画映画も上映されるのでCMとか宣伝とかでも目にするようになりましたね。

最初に「恐い」って書きましたけど、具体的に「恐い」ってわけじゃなくてどっちかいうと「気持ち悪い」です。
これ読んだら引越しなんてできないよ~って思う・・・けど引越ししなくても危ないかもよ?とか。
ゴミ屋敷の住人もこの理由だったら仕方がないよね・・・と思えたり、いや迷惑ですけどね。
途中で、これ実話?って思ったり(ドキュメンタリーホラーでした)、少しずつ真相がわかっていくところが面白かったです。
日記にどう書こうかと考えているうちに、本の内容がいろいろよみがえってきましたよ。
うわぁ。せっかくいい具合に忘れていたのに。さっさと読み終わったときに書いておけばよかった。

とにかく「なんか気持ち悪い」というのが感想です。
選評で石田衣良氏が「この本を自分の本棚にずっと置いておく気にはならない」って語ったらしいですけど、まさにそんな感じ!
置いてるだけでよくないものが、もわぁと出てくる気がする。出てこないけどね。
こんな駄文で紹介しても興味は持てないかもしれませんが、気になる方は↓どうぞ♪

↓ 良かったら押してってください。へこむのでマイナス評価なし♪一回だけ押せます!
  メニュー下に一言メッセージ欄もありますので、ご意見ご感想はそちらからどうぞ♪
  • 読んだよ♪ 
  • 好き好き♪ 
  • 役に立ったかも♪